コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大辞林 第三版の解説

か【架】

物をのせたり掛けたりする台。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【中国建築】より

…これらの建築群を構成する個々の建築についていえば,木造建築がその主流をなし,各時代を通じて,とりわけ宮殿がその建築芸術,技術両面にわたって冠たる位置を占めた。たとえば,高大な石積み基壇の上にたち,巨大な材料の木造構架を組んで大屋根を支え,その当時最大の規模と最高の装飾を駆使して威容を誇示することは,天子の宮殿にのみ許された特権であった。しかし,官制の建築造営が主導性を維持した中国建築においては,宮殿と寺廟などの類型間における様式的差異はむしろ希薄であった。…

※「架」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

架の関連キーワード扇掛け・扇懸け・扇掛・扇懸アイアムアヒーローブラウジングルーム僕だけがいない街受入順排架法嘘でもいいの形態別排架法筆懸け・筆懸相関的排架法部分開架式灯檠・燈檠連続排架法移動排架法固定排架法書庫管理沢田名垂両面書架請求記号分類記号単層書架

架の関連情報