コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柊南天 ヒイラギナンテン

デジタル大辞泉の解説

ひいらぎ‐なんてん〔ひひらぎ‐〕【×柊南天】

メギ科の常緑低木。高さ約1.5メートル。葉は卵形で縁に鋭いぎざぎざをもつ小葉からなる羽状複葉で、枝先に集まってつく。3、4月ごろ、黄色の小花総状につき、黒紫色の実を結ぶ。中国・台湾の原産。日本へは江戸時代渡来し、庭木とする。とうなんてん。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひいらぎなんてん【柊南天】

メギ科の常緑低木。中国・台湾原産で、江戸時代に渡来。庭木にする。茎は高さ約1メートル。葉は茎頂付近に集まって互生し、羽状複葉。小葉は形がヒイラギの葉に似る。三、四月、黄色の小花を総状につける。液果は紫黒色に熟す。生花に利用。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

柊南天 (ヒイラギナンテン・ヒラギナンテン)

学名:Mahonia japonica
植物。メギ科の常緑低木,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

柊南天の関連キーワードヒイラギ生花

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android