コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳沢氏 やなぎさわうじ

2件 の用語解説(柳沢氏の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

柳沢氏【やなぎさわうじ】

江戸時代の譜代(ふだい)大名。初め甲斐国の武田氏に仕え,のち徳川氏の家臣となる。安忠のとき徳川家光の弟の駿河大納言(だいなごん)忠長につき,忠長の改易(かいえき)後に浪人(ろうにん)となるが,のち上野国館林藩主徳川綱吉(つなよし)に仕えた。
→関連項目川越藩

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やなぎさわうじ【柳沢氏】

江戸時代の譜代大名家。もと甲斐の住人で武田氏に仕え,その後徳川の家臣となる。柳沢安忠のとき家光の弟の駿河大納言忠長付となり,忠長の改易で浪人したが,やがて館林藩主徳川綱吉に仕える。その子柳沢吉保が綱吉の将軍家相続に従って幕臣となり,側近として栄進,甲府城主15万石余,松平の家号を許された。その子吉里は,1724年(享保9)大和郡山城に移り,以後明治に至る(郡山藩)。分家として吉保の四男経隆の越後黒川藩1万石,五男時睦(ときちか)の越後三日市藩1万石がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の柳沢氏の言及

【郡山藩】より

…吉里や保光の家老柳沢里恭(淇園(きえん))は文人として知られる。郡山藩は大和国の重鎮だが,柳沢氏には皇城鎮護の役割も課せられたという。柳沢氏の藩政記録は本丸跡の柳沢文庫に収蔵されている。…

【大名】より

…宗氏は1万石余であるが対馬1国を領有するし,朝鮮との外交関係があったので10万石格の国主の扱いを受けた。 これに准ずる大名,領地高の多い大名は,伊達氏(陸奥仙台62万石余),細川氏(肥後熊本54万石),鍋島氏(肥前佐賀35万石余),藤堂氏(伊勢安濃津32万石余),松平氏(越前福井32万石),有馬氏(筑後久留米21万石),佐竹氏(出羽秋田20万石余),松平氏(出雲松江18万石余),柳沢氏(大和郡山15万石余),上杉氏(出羽米沢15万石)の10家で,合計20家の国主大名が存在した。 ただし1ヵ国を領有する酒井氏(若狭12万石余で小浜に住する),松浦氏(壱岐等6万石余,肥前平戸),稲垣氏(志摩等3万石,鳥羽)の3家は,領地高が多くないので国主としない。…

※「柳沢氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

柳沢氏の関連情報