コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

郡山藩 こおりやまはん

5件 の用語解説(郡山藩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

郡山藩
こおりやまはん

江戸時代,大和国 (奈良県) 添下郡の一部を領有した藩。文禄4 (1595) 年豊臣家五奉行の一人増田 (ました) 長盛が 20万石で入封,関ヶ原の戦いののち改易。元和1 (1615) 年水野氏が6万石で入封し,以後松平 (奥平) 氏 12万石,本多氏 15万石,松平 (藤井) 氏8万石,本多氏 11万石を経て,享保9 (1724) 年に柳沢氏が 15万 1200石で入封し廃藩置県にいたる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

郡山藩【こおりやまはん】

大和(やまと)国郡山に藩庁をおいた譜代(ふだい)藩。関ヶ原の戦後,大坂豊臣氏に備え城番を置き,同氏滅亡後の1615年に水野氏が入封,その後松平(奥平)氏・本多氏・松平(藤井)氏・柳沢氏と変遷,領知高は大和国と河内(かわち)国讃良(さらら)郡で,6万石〜19万石。
→関連項目今井柳沢氏大和国

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

藩名・旧国名がわかる事典の解説

こおりやまはん【郡山藩】

江戸時代大和(やまと)国添下(そえしも)郡郡山(現、奈良県大和郡山市)に藩庁をおいた譜代(ふだい)藩。藩校は総稽古所(そうけいこじょ)。大坂の陣が終わった1615年(元和(げんな)1)に譜代の水野勝成(かつなり)が6万石で入り立藩した。以後藩主は、松平(奥平(おくだいら))忠明(ただあきら)、本多政勝(まさかつ)以下3代、松平(藤井)信之(のぶゆき)、本多忠平(ただひら)以下5代と、5万石から15万石で譜代が頻繁に交替した。この地が京や大坂に近く軍事的・政治的に重視されていたためとされる。1724年(享保(きょうほう)9)に柳沢吉保(やなぎさわよしやす)の子吉里(よしさと)が甲斐(かい)国甲府藩から15万1000石で入って以後は定着、明治維新まで柳沢氏6代が続いた。柳沢氏初期の家老柳沢淇園(きえん)は文人画家として知られる。1871年(明治4)の廃藩置県で郡山県となり、その後、奈良県、堺(さかい)県、大阪府を経て、87年に再置の奈良県に編入された。

出典|講談社
藩名・旧国名がわかる事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こおりやまはん【郡山藩】

大和国(奈良県)添下郡郡山に藩庁を置く譜代中藩。郡山城筒井順慶の築城,豊臣秀長の拡充のあとをうけた増田長盛(20万石)が関ヶ原の戦で敗れ一時廃されたが,豊臣氏に備えて城番が置かれ,大坂の陣後1615年(元和1)水野勝成が6万石で,19年松平(奥平)忠明が12万石で入城した。39年(寛永16)本多政勝が15万石で封ぜられたが,政勝の死後〈九六騒動〉とよばれる相続争いがあり,79年(延宝7)松平(藤井)信之が8万石で入った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

郡山藩
こおりやまはん

大和(やまと)国添下(そうのしも)郡郡山(奈良県大和郡山市)周辺を領した藩。この地は奈良時代の郡家(ぐんけ)の地であり、中世には郡山荘(しょう)、薬園(やくおん)荘が置かれた所である。郡山城は室町末期に小田切春次(おだぎりはるつぐ)が砦(とりで)を築いたのが初めといわれ、1578年(天正6)以降、筒井順慶(つついじゅんけい)がここに拠(よ)って本格的な築城を始めた。その後、豊臣(とよとみ)氏、増田(ました)氏時代を通じて大規模な増改築が行われ完成した。85年筒井氏にかわり、豊臣秀吉の実弟羽柴秀長(はしばひでなが)が但馬(たじま)国出石(いずし)より、大和、紀伊、和泉(いずみ)3か国100万石の大守として入部。その養子秀俊(ひでとし)(秀保(ひでやす))夭折(ようせつ)後、1595年(文禄4)には豊臣政権の五奉行の一人増田長盛(ながもり)が20万石で封ぜられ、城下は繁栄を遂げた。しかしながら、関ヶ原の戦いが終わると大和国の勢力配分は一変し、郡山城は藤堂高虎(とうどうたかとら)の預りとなり、また1608年(慶長13)以降は筒井主殿(とのも)が代官として管理することになり、一時衰微をきたした。その後、大坂の陣ののちふたたび大名配置が実施され、1615年(元和1)水野勝成(かつなり)6万石、20年(元和6)松平(奥平)忠明(ただあきら)12万石、39年(寛永16)本多政勝19万石(うち嗣子(しし)勝行分4万石)、79年(延宝7)松平(藤井)信之(のぶゆき)8万石、85年(貞享2)本多忠平12万石と領主の交代が相次いだ。本多氏は、忠常、忠直、忠村と続いたが本系が絶え、弟忠烈(ただつら)が家を継いだが、夭逝(ようせい)絶家した。かくてその翌1724年(享保9)柳沢吉保(やなぎさわよしやす)の子吉里(よしさと)が甲府より15万石で移封となり定着する。以後、信鴻(のぶとき)、保光、保泰(やすひろ)、保興(やすおき)と続き、6代目保申(やすのぶ)のとき1871年(明治4)廃藩置県となった。
 このように郡山に有力譜代(ふだい)大名が配置され頻繁な交代が実施されたのは、この地が京・大坂に近く軍事的、政治的に重要視されていたためである。この間、藩内の主要な事件としては1671年(寛文11)本多政勝没後、跡目相続をめぐって起きた「九六(くろく)騒動」と称する御家騒動が著名である(幕府裁定で養子政長に9万石、実子政利に6万石を分割)。また、柳沢吉保が甲府在城時代から儒者細井平洲(へいしゅう)の議をいれ、大和を中心に山陵調査を行ったことや、入部早々吉里によって藩校総稽古所(そうけいこじょ)の設立が行われたこともよく知られる。なお、1871年(明治4)郡山県設置後は、奈良県、堺(さかい)県、大阪府を経て、87年再置の奈良県に編入された。[平井良朋]
『『大和郡山市史』(1966・大和郡山市)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

郡山藩の関連情報