柳田謙十郎(読み)やなぎだ けんじゅうろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柳田謙十郎 やなぎだ-けんじゅうろう

1893-1983 昭和時代の哲学者。
明治26年11月23日生まれ。西田哲学の影響をうけ,京都学派の一員として活躍。旧制弘前(ひろさき)高教授,台北帝大助教授などを歴任。戦後は唯物論に転じ,平和運動,労働者教育にもつくした。昭和58年1月16日死去。89歳。神奈川県出身。京都帝大卒。著作に「西田哲学と唯物論」など。
【格言など】真実のよろこびというものは深いかなしみの経験のないものには味わうことができない(「弁証法入門」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android