コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュク

世界大百科事典 第2版の解説

しゅく【柷】

中国,朝鮮の打楽器(イラスト)。雅楽で音楽の始まりを合図するために用いられる。元来,中国の雅楽の楽器で,朝鮮には高麗朝睿宗11年(1116)に宋から輸入された。今日では文廟宗廟祭礼楽に用いる。楽器の本体は木製の四角い箱で台の上に置く。上面は底面より大きいので側面は梯型。上面中央の穴から木槌がつき出ており,この棒の上部を持って箱の内側を打つ。15世紀ころの木槌は下端は逆T字形で,現在の棒は下端に正方形の板がつけられている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しゅく【柷】

中国古来の雅楽の打楽器。上にやや開いた木製方形の箱で、上面の中央の孔から木の棒を挿入して底や側板を打ち鳴らす。奏楽の開始の合図に用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

柷の関連キーワード八音

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android