コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュク

世界大百科事典 第2版の解説

しゅく【柷】

中国,朝鮮の打楽器(イラスト)。雅楽で音楽の始まりを合図するために用いられる。元来,中国の雅楽の楽器で,朝鮮には高麗朝睿宗11年(1116)に宋から輸入された。今日では文廟宗廟祭礼楽に用いる。楽器の本体は木製の四角い箱で台の上に置く。上面は底面より大きいので側面は梯型。上面中央の穴から木槌がつき出ており,この棒の上部を持って箱の内側を打つ。15世紀ころの木槌は下端は逆T字形で,現在の棒は下端に正方形の板がつけられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しゅく【柷】

中国古来の雅楽の打楽器。上にやや開いた木製方形の箱で、上面の中央の孔から木の棒を挿入して底や側板を打ち鳴らす。奏楽の開始の合図に用いる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

柷の関連キーワード八音

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android