コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柿沼谷蔵 かきぬま たにぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柿沼谷蔵 かきぬま-たにぞう

1854-1920 明治-大正時代の実業家。
嘉永(かえい)7年6月11日生まれ。綿糸業柿沼谷蔵の店につとめて養子となり,業務を拡張。下野(しもつけ)紡績の社長,東京瓦斯(ガス)紡績などの役員をつとめる一方,日本橋女学館の創立などにもかかわった。大正9年11月26日死去。67歳。上野(こうずけ)(群馬県)出身。旧姓増山

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

柿沼谷蔵の関連キーワード柿沼 谷蔵大正時代実業家嘉永

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android