コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栂尾祥雲 とがのお しょううん

2件 の用語解説(栂尾祥雲の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

栂尾祥雲 とがのお-しょううん

1881-1953 大正-昭和時代の仏教学者。
明治14年9月30日生まれ。大正10年ヨーロッパ,インドへ留学。13年高野山大教授,昭和20年学長。サンスクリット,チベット語の密教原典を研究した。昭和28年5月27日死去。71歳。香川県出身。真言宗連合高等中学卒。旧姓は宮本。著作に「秘密仏教史」「曼荼羅(まんだら)の研究」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

栂尾祥雲
とがのおしょううん
(1881―1953)

明治~昭和期の真言(しんごん)宗の僧。仏教学者。幼名は伊半太。香川県三豊(みとよ)郡吉津(よしづ)村(現三豊市)宮本伝蔵の三男。1891年(明治24)仁尾(にお)村(現仁尾町)不動護国寺栂尾本元(ほんげん)について得度。栂尾家の養子となって籍、名を祥雲と改める。1910年(明治43)高野山(こうやさん)大学講師となり、1921年(大正10)密教研究のため欧州へ留学。1924年帰朝後、同大学教授となる。1945年(昭和20)高野山大学長に就任。1947年高野山密教研究所長となる。伝統的研究を踏まえて近代ヨーロッパの研究方法を取り入れ、密教研究に独自の新分野を開拓した。その成果(論文50点、単行本19冊)の主要なものは『栂尾祥雲全集』(全6巻・別巻1)に収められている。[池田英俊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

栂尾祥雲の関連キーワード単層原子力産業アレクサンドルアレクサンドルブラジル文学近代劇砥石ダットサンDB-5型日野ルノー PA型日本自由党

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone