コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

株式時価発行 かぶしきじかはっこう

2件 の用語解説(株式時価発行の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

株式時価発行【かぶしきじかはっこう】

増資新株の発行に際して発行価格額面金額には関係なく株式時価を基準に決めること。会社法においては〈特に有利な金額〉によらない発行は取締役会または株主総会が決定することができるので,時価発行取締役会または株主総会限りで行う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

株式時価発行
かぶしきじかはっこう

株式の発行方法の一つで、有償による新株式発行の際、その発行価格(払込み価格)を、株式市場における時価を基準として定める発行方法をいう。用語としては発行価格を額面価格に等しく定める額面発行に対するものであるが、「額面株式」という概念がなくなった現在においては、「額面発行」という概念もすでになくなり、また、額面と時価の中間に置く「中間発行ドイツ方式)」という概念もなくなっている。
 そもそも時価発行は、欧米では広く行われている方法であるが、日本では1968年(昭和43)の日本楽器製造(現ヤマハ)が初めとされている。時価発行は取締役会の決議によって行うことができる。[桶田 篤・前田拓生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

株式時価発行の関連キーワード額面時価発行額面発行新株落ち発行価格無額面株時価発行増資公募価格発行価額

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone