コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

核スピン かくスピン nuclear spin

2件 の用語解説(核スピンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

核スピン
かくスピン
nuclear spin

原子核がその重心系でもつ全角運動量。ℏ(プランク定数h を 2π で割ったもの)を単位としてはかる。核スピンはその原子核を構成する陽子および中性子の固有のスピン角運動量(大きさ 1/2)と,それらの粒子が原子核内を運動しているためにもつ軌道角運動量を合成したもので,質量数が偶数ならば核スピンは整数,奇数ならば半奇数である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かくスピン【核スピン nuclear spin】

原子核がもつ全角運動量。原子核を構成している陽子と中性子(核子と総称する)は,それぞれ自転による角運動量(スピン)1/2ħ(ħ=h/2π,hプランク定数)をもつが,核子は原子核内で回転しているので,さらに軌道運動による角運動量(軌道角運動量)をもち,このため核スピンは全核子のスピンと軌道角運動量の合計となる。陽子数も中性子も偶数である核(偶々核)の基底状態の核スピンは必ず0,偶々核の励起状態や陽子,中性子とも奇数の奇々核の核スピンは0またはħの正の整数倍,陽子と中性子の合計が奇数となる奇偶または偶奇核の核スピンはħの正の半整数倍である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

核スピンの関連キーワード原子エネルギー原子力超重核超微細構造原子核崩壊同位核核化学原子核人工変換原子芯ハウザー‐フェシュバックの理論式

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

核スピンの関連情報