コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂誉恕 かつら たかひろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桂誉恕 かつら-たかひろ

1838-1881 幕末-明治時代の尊攘(そんじょう)運動家,神職。
天保(てんぽう)9年6月3日生まれ。桂誉重の長男。越後(えちご)(新潟県)新津大庄屋戊辰(ぼしん)戦争では,父とともに勤王をとなえて自宅を会津攻めにむかう新政府軍の本営に提供した。のち戸長,青海神社の祠官をつとめ,育英事業,殖産興業にも尽力した。明治14年2月1日死去。44歳。通称は謹吾。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

桂誉恕の関連キーワード明治時代運動家天保尊攘神職

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android