桃源境(読み)とうげんきょう

百科事典マイペディアの解説

桃源境【とうげんきょう】

中国の仙境,山中他界の一。桃源郷とも。陶淵明の《桃花源記》によれば,湖南省武陵のある漁夫が迷い込み,歓待を受けた所とする。のち,この世の理想郷とされ,王維韓愈(かんゆ),王安石胡宏(ここう)らが〈桃源行〉の詩を作った。地続きで到達可能である点で,西洋のユートピア楽園観と性格を異にする。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうげんきょう【桃源境 táo yuán jìng】

中国人にとっての地上の楽園または別世界。桃源郷とも書く。晋代の陶潜の《桃花源記》にもとづく。すなわち,武陵の漁人が谷川をさかのぼり,桃花の咲き乱れる林の奥の洞穴をくぐって行くと,秦代(前3世紀)の戦乱を避けてこの山奥に移った人びとの子孫が平和に暮らしていた。款待を受けて里に下ったのち,友人と再訪をはかったが果たせなかった。また,武陵桃源ともいう。この種の山中他界の話は中国に多く,爛柯(らんか)説話もその一種である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の桃源境の言及

【モモ(桃)】より

…バラ科モモ亜属の落葉果樹。中国や日本で古くから栽培され多くの品種が分化している。またハナモモは花木としても重要なものである。中国の黄河上流,陝西・甘粛の両省にまたがる高原地帯(標高1200~2000m)の原産。中国から各地に伝わって変種を生じた。高さ3~8mほどの小高木で,葉は広披針形から長楕円形である。花は前年枝の葉腋(ようえき)に通常単生し,桃紅色で,葉の展開よりも先に開花し美しい。果実は野生型では径3cmほどしかないが,栽培品種は,はるかに大型で,多汁となる。…

【ユートピア】より

…それはたんに研究の遅れに由来するのか,それともユートピア思想が本質的にヨーロッパ思想に特有なものなのかは目下のところ決しがたい。しかし,少なくとも,中国における桃源境や日本における常世国(とこよのくに)のような〈いま〉〈ここ〉にない世界に対する想像力の開花の事例は存在する。前者は地上の山間部にある田園的色彩をおびた平和郷であり,後者は古代日本で海の彼方に想定された楽土である。…

【楽園】より

…なおこの〈島の楽園〉の具体的な位置は,当初は地中海世界の西端ジブラルタル付近に想定されたが,やがて地中海民族の行動半径の拡大にともなって,もっと西方の大西洋上のカナリア諸島に擬せられたりした。 〈山中楽園〉の東洋における典型は〈桃源境〉であろう。それは人知れぬ渓流をさかのぼったところに隠された常春の秘境である。…

※「桃源境」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

桃源境の関連情報