コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桑染 くわぞめ

色名がわかる辞典の解説

くわぞめ【桑染】

色名の一つ。クワ科クワの木の煎汁せんじゅうで染めた黄色みのくすんだ褐色のこと。衣服令では黄色より一つ上位とされ、高貴な色ではない。江戸時代は桑染の色を桑茶と呼んだ。古くから用いられた染料で時代の変化によって色合いは幅広い。そのため、桑染と桑茶を別の色として分ける考えかたもある。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

くわ‐ぞめ〔くは‐〕【桑染(め)】

桑の樹皮煮汁で薄黄色に染めること。また、その染めたものや色。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android