コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清玄桜姫 セイゲンサクラヒメ

デジタル大辞泉の解説

せいげん‐さくらひめ【清玄桜姫】

浄瑠璃歌舞伎の一系統で、清水寺の清玄法師が桜姫容色に迷い、破戒の末に殺され、亡霊となって姫につきまとう筋のもの。土佐少掾の浄瑠璃「一心二河白道(いっしんにがびゃくどう)」が最も古い。ほかに「桜姫東文章(さくらひめあずまぶんしょう)」などがある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せいげんさくらひめ【清玄桜姫】

清水寺の清玄法師が桜姫の容色に迷い、破戒の末に殺される筋の浄瑠璃・歌舞伎。土佐少掾の浄瑠璃「一心二河白道いつしんにがびやくどう」が最も古く、ほかに近松門左衛門の「一心二河白道」、四世鶴屋南北の「桜姫東文章」などもある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

清玄桜姫
せいげんさくらひめ

人形浄瑠璃(じょうるり)、歌舞伎(かぶき)脚本の一題材。清水(きよみず)寺の清玄法師が美しい桜姫に恋して破戒のすえに殺され、その執念が長く姫に付きまとうというのが大筋。典拠になった史実、伝説は未詳だが、『太平記』中の志賀寺の上人(しょうにん)の話を脚色したものらしい。古くは土佐浄瑠璃の『一心二河白道(いっしんにがびゃくどう)』があり、歌舞伎では延宝(えんぽう)年間(1673~81)から演じられたという。現在上演されるものは多くの作が混合してできあがった台本で、書替え物に4世鶴屋南北(つるやなんぼく)作の『桜姫東文章(さくらひめあずまぶんしょう)』『隅田川花御所染(すみだがわはなのごしょぞめ)(女清玄)』があり、また人名を変えた『岩倉宗玄(いわくらそうげん)』などがある。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

清玄桜姫の関連キーワード桜姫全伝曙草紙近松門左衛門清玄・桜姫清水清玄隅田川物