コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜宮 さくらのみや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桜宮
さくらのみや

大阪市都島区南西部,旧淀川左岸に沿う地区。地名はアマテラスオオミカミをまつる桜宮があり,江戸時代からサクラの名所として知られることに由来。桜宮の下あたりの淀川は湾曲して青湾と呼ばれており, ここの水は茶湯用として人々に愛飲された。河畔の桜宮公園は河川敷の一部を埋立てて 1923年開園。公園の南には臨海工業地域への工業用水取水場がある。 JR大阪環状線桜ノ宮駅がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

桜宮の関連キーワード阪神工業地帯大阪造幣寮貴志 康一岩井 弼次河本 栄得里中満智子公文 公大野規周履中天皇辻久子片町線磐余天満

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

桜宮の関連情報