コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梔子柏皮湯 ししはくひとう

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

ししはくひとう【梔子柏皮湯】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)山梔子(さんしし)黄柏(おうばく)甘草(かんぞう)などを含む。漢方の古典『傷寒論(しょうかんろん)』などに処方が示されている。黄疸(おうだん)じんましん二日酔いなどに用い、肝臓の付近に違和感があるとき、とくに有効とされる。比較的体力の弱い人がおもな対象。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android