(読み)ぼん

デジタル大辞泉の解説

ぼん【×梵】

《〈梵〉brahman音写から》
インドのバラモン教における最高原理。世界創造の根本原理。ブラフマン
梵天1を神格化したもの。仏教に取り入れられ、守護神の一となった。
清浄・神聖なもの。

ぼん【梵】[漢字項目]

[音]ボン(呉)
バラモン教の最高原理。ブラフマン。「梵天梵我一如(ぼんがいちにょ)
仏教に関する物事に付ける語。「梵妻梵鐘梵刹(ぼんせつ)
サンスクリット。「梵語梵字梵讃(ぼんさん)
[難読]梵論(ぼろ)梵論字(ぼろんじ)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

ぼん【梵】

福井の日本酒。酒名は、「けがれなき清浄」「真理をつく」の意のサンスクリット語に由来し、英語「born」(誕生)にもかけて命名。全量無添加の純米酒で、平均精米歩合は40%以下。最上級ブランド「超吟」は精米歩合21%の5年熟成大吟醸酒。ほかに大吟醸酒「夢は正夢」「極秘造大吟醸」など。原料米は五百万石、山田錦。仕込み水は白山連峰の伏流水。蔵元の「加藤吉平商店」は万延元年(1860)創業。所在地は鯖江市吉江町。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

世界大百科事典内のの言及

【インド神話】より

… ベーダの一部門であるブラーフマナ(祭儀書)文献においては,造物主プラジャーパティPrajāpati(〈子孫の主〉の意)が最高の創造神となり,彼による種々の創造神話が説かれた。しかし,しだいに最高原理ブラフマン(梵)の重要性が認められるようになり,ブラフマンによる宇宙創造が説かれるようになった。ブラーフマナ文献中にはまた,祭式の解釈と関連して,かなりまとまった形の神話が散見される。…

【ブラフマン】より

…宇宙の根本原因を表す,インド哲学のきわめて重要な術語の一つ。梵と音写される。インドにおいては,早くも前1200年ころを中心に編纂されたといわれる《リグ・ベーダ》において,宇宙の最高神または根本原因の探求が開始された。…

※「梵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

梵の関連情報