コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梶取崎 かんどりざき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

梶取崎
かんどりざき

和歌山県南東部,熊野灘に突出する太地町に属する。岬の名は,船がこの岬の沖で進路を変えたことに由来。北の灯明崎とともに典型的な海岸段丘で,熊野灘の眺望にすぐれ,熱帯植物園,キャンプ場などがある。江戸時代には遠見番所がおかれ,現在は無人灯台がある。吉野熊野国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

梶取崎の関連キーワード和歌山県東牟婁郡太地町太地

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android