梶取崎(読み)かんどりざき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

梶取崎
かんどりざき

和歌山県南東部,熊野灘に突出する太地町に属する。岬の名は,船がこの岬の沖で進路を変えたことに由来。北の灯明崎とともに典型的な海岸段丘で,熊野灘の眺望にすぐれ,熱帯植物園,キャンプ場などがある。江戸時代には遠見番所がおかれ,現在は無人灯台がある。吉野熊野国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かんどり‐ざき【梶取崎】

和歌山県南東部、太地町にある岬。海岸段丘の発達した先端で海蝕(かいしょく)作用が激しい。吉野熊野国立公園の一部。かじとりざき。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

梶取崎の関連情報