コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森林火災保険 しんりんかさいほけんforest fire insurance

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

森林火災保険
しんりんかさいほけん
forest fire insurance

火災保険の特殊なもので,森林 (一群樹林竹林) ,生立している樹林,竹林,切り倒された木,竹を対象に火災による損害がこれらに生じた際に,これを填補する保険。民営損害保険会社が引受けるものと,農林水産省が引受ける森林国営保険法 (昭和 12年法律 25号) に基づく森林国営保険がある。後者は特に森林の治山治水作用による国土保全,水資源確保,産業への基礎資材の供給という独自の使命をもつため,特にその保護の必要性から設けられたもの。森林国営保険は人工植林に限られたもので,火災のほか世界でも初めての,気象上の原因による災害 (風水害雪害干害凍害潮害) による損害も填補している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しんりんかさい‐ほけん〔シンリンクワサイ‐〕【森林火災保険】

自然林・人工林および竹林を保険の対象とし、火災による損害のみを塡補する保険。→森林国営保険

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の森林火災保険の言及

【森林保護】より

…類似の保険に,全国森林組合連合会が扱う森林災害共済制度がある。また,民間の保険会社が行う森林火災保険は山火事による損害だけを対象としている点が国営保険と異なる。【秋谷 孝一】。…

※「森林火災保険」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

森林火災保険の関連キーワード森林火災森林保険森林災害

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android