コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

植物帯 しょくぶつたいvegetation zone; plant zone

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

植物帯
しょくぶつたい
vegetation zone; plant zone

水平的,垂直的な気候帯に対応する植物群落分布帯。水平的には気温の変化により,寒帯ツンドラ,亜寒帯針葉樹林,冷温帯落葉広葉樹林 (夏緑樹林) ,暖温帯常緑広葉樹林 (照葉樹林) ,亜熱雨林,熱帯雨林ができる。熱帯では雨量に応じて,雨林,季節風林 (雨緑林) ,サバナ,砂漠の植物帯ができる。垂直的には低地帯山地帯亜高山帯高山帯に対応する植物帯があり,本州中部ではそれぞれに常緑広葉樹林,落葉広葉樹林,針葉樹林,高山低木林と高山草原が発生する。代表的植物により,シイ-タブ帯,ブナ帯 (下部にナラ帯を分つ) ,シラビソ帯,ハイマツ帯のようにもいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しょくぶつ‐たい【植物帯】

植物の垂直的な分布帯。植物相や相観によって低地帯・山地帯・亜高山帯・高山帯などに、また森林の代表種によってクリ帯・ブナ帯などに分類。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょくぶつたい【植物帯】

主として温帯の山地にみられる植物の帯状の分布。山麓帯・山地帯・亜高山帯・高山帯に区分し、その代表種から、シイ-タブ帯・カシ-ナラ帯・ブナ帯・シラビソ帯・ハイマツ帯などとよぶ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

植物帯の関連キーワード烏帽子岳(岩手・秋田県境)北海道虻田郡倶知安町マッケンジー[山脈]ザカタルイ自然保護区北海道虻田郡ニセコ町北海道虻田郡喜茂別町北海道虻田郡京極町北海道虻田郡真狩村ヘンテイ[山脈]中部山岳国立公園ニセコアンヌプリ早池峰国定公園ヨルダン[川]ヘンテイ山脈天然記念物生態分布温量示数本多静六雄阿寒岳早池峰山

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android