コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楊柳クレープ ヨウリュウクレープ

デジタル大辞泉の解説

ようりゅう‐クレープ〔ヤウリウ‐〕【×楊柳クレープ】

横糸によりの強いものを使い、縦の方向にしぼを出した織物婦人夏服の生地などに用いる。楊柳縮緬(ちりめん)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ようりゅうクレープ【楊柳クレープ】

楊柳緬,楊柳縮(ちぢみ),縦しぼ縮緬または縦しぼ,片縮,片しぼ,滝しぼなどともいう。布の表面に縦皺(たてしぼ∥たてしわ)を表した縮。しぼの形が柳の枝が下がっているように見えるところから出た名。織上げ後,縦筋線状の凹凸を彫刻したロール2本の間を強圧して通した後,湯通しをしてしぼ状を出すか,緯糸強撚糸の右撚りか左撚りの一方のみを織り込んで平織にし,精練や湯通しをして幅を縮め縦しぼを出す方法がある。強撚糸使いのものはしぼが安定しているが,ロール加工のものはしぼが伸びやすい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の楊柳クレープの言及

【縮】より

…材質は綿,麻,絹,合繊等がある。綿縮には片しぼと両しぼがあり,片しぼは楊柳縮,または楊柳クレープと称し,両しぼのことを一般に綿縮と呼ぶ。単に縮といえば綿縮のことが多い。…

※「楊柳クレープ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

楊柳クレープの関連キーワード横糸

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android