コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楫枕 かじまくら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

楫枕
かじまくら

地歌箏曲の曲名。菊岡検校三弦を作曲,八重崎検校が箏を作曲した京風手事物の代表曲の一つ。橘遅日庵作詞。手事部は2段あって,「段返し」としても演奏され,2段目のリズムは半分の細かさとなっている。曲題は船中の旅寝を意味し,遊女の心情を主題としたもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かじまくら【楫枕】

地歌箏曲の曲名。三弦は菊岡検校,箏は八重崎検校作曲の京風手事物。文政・天保期の作。作詞は橘遅日庵で,遊女のはかない身の上を,寄る辺のない船の旅寝にたとえ,思う人の手でつなぎとめてほしいと歌っている。手事は二段あり,いずれも箏組歌と同じ128拍で,同時に演奏する〈段合せ〉ができる。三弦は本調子で,後歌から二上り。箏は半雲井調子から平調子となる。【久保田 敏子】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かじまくら【楫枕】

〔楫を枕として寝る意〕
船中で寝ること。また、船旅。なみまくら。 「浦づたふ磯のとまやの-ききもならはぬ波のおとかな/千載 羇旅

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

楫枕の関連キーワード羇旅

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android