コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

段合せ だんあわせ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

段合せ
だんあわせ

日本音楽の用語。地歌箏曲の合奏形式の一つ。 (1) 地歌では三味線組歌の一曲中で,『京鹿子』のように拍節数の同じ間奏部を異なった奏者で演奏することに始り,特に初期手事物では,『浪花獅子』『揖枕 (かじまくら) 』のように,その間奏部が同一の拍節数をもつ幾段かに分けて作曲され (箏組歌と同様に 64拍子) ,その各段を合奏させることが行われ,これを「段合せ」といった。なお奏者を交代してさらにもう一度段合せを繰返すことを「段返し」という。『残月』では初段と2段,3段と4段とが「段合せ・段返し」で合奏,5段とチラシは「地」または「替手」を合奏させていたが,のちには全段替手合奏の形式へと発展した。 (2) 箏曲段物はほとんど同一拍節数 (52拍子) から構成されているので,『六段の調』のように一曲を初段からと6段目からと同時に演奏したり (『逆引六段』ともいう) ,『九段の調』と『雲井九段』とを合奏したりすることが行われた。これも「段合せ」といったが,やはりのちには特定の替手を合奏させる形式を生んだ。『八段の調』に京都などで「平調子」の替手をつけるときには,初段に『六段の調』を合奏させることもあり,この場合は異なる曲を合せることになるが,本来三弦曲では異曲同士の合奏や,「替手」または「地」として異曲を利用したものを「打合せ」といい,『秋風の曲』の「前弾き」に『六段の調』を合奏させることと同様,これらは一種の「打合せ」で「段合せ」ではない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

だん‐あわせ〔‐あはせ〕【段合(わ)せ】

地歌箏曲(そうきょく)の合奏法の一。数段からなる曲または手事(てごと)で、同拍数の段構造をもつ二つの段を合奏すること。同一曲の異なる段で行う場合と、異曲間の場合とがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

だんあわせ【段合せ】

日本音楽の用語。地歌・箏曲の特定の楽曲における特別な演出法の一つ。三味線組歌の破手組の楽曲で,拍数が一致する部分を同時に合奏させることにはじまる。《待つにござれ》の第1歌と第2歌(柳川流では第3歌と第4歌),《長崎》の第3歌と第4歌(柳川流《葛の葉》の第1歌と第2歌),《京鹿子(きようがのこ)》の第1歌と第2歌,第3歌と第4歌,第5歌の前半と後半と第6歌などを,それぞれ合奏させるのが代表的な例。奏者が交替して反復演奏を行う場合(第1歌の奏者が次に第2歌を,第2歌の奏者が第1歌を演奏)に,〈段返し〉という。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の段合せの言及

【段】より

…各段を初段,二段などと呼ぶが,前奏部分がある場合には,これをマクラまたは序,後奏の後歌への経過的部分がある場合には,これをチラシと呼ぶ。〈段物〉にしても〈手事物〉にしても,各段がほぼ同一の拍数の場合,これを同時に合奏させることが可能で,この演出形式を〈段合せ〉という。段合せ段物【平野 健次】。…

※「段合せ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

段合せの関連キーワード秋の曲楫枕

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android