コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

業体 ギョウタイ

デジタル大辞泉の解説

ぎょう‐たい〔ゲフ‐〕【業体】

ぎょうてい(業体)

ぎょう‐てい〔ゲフ‐〕【業体】

営業や企業の状態。業態(ぎょうたい)。
おこない。所行。また、風体。ぎょうたい。
「此様(こん)な身で此様な―で」〈一葉にごりえ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎょうてい【業体】

営業の状態。また、家業。業態ぎようたい
振る舞い。所行。また、風采ふうさい。風体ふうてい。 「此様こんな身で此様な-で、此様な宿世すくせで/にごりえ 一葉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

業体の関連キーワード長井海の手公園 ソレイユの丘パブリックコーポレーションハイブリッドミスマッチ取引ジョイント・ベンチャー山形県飽海郡遊佐町吉出愛媛県今治市伯方町有津ジョイントベンチャーパブリック・トラスト一乗谷あさくら水の駅森林・林業研修資料館林家以外の林業事業体伝統的流通チャネルサッポロさとらんどウォーラーステイン農業サービス事業体国営企業労働関係法国営企業労働委員会五十沢キャンプ場日本電信電話公社販売目的の事業体

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android