コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

構造主義人類学 こうぞうしゅぎじんるいがく structural anthropology

1件 の用語解説(構造主義人類学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

構造主義人類学
こうぞうしゅぎじんるいがく
structural anthropology

制度,慣習など社会的事実の解釈を,「構造」の概念を用いて行う人類学の学派をいう。フランスの人類学者 C.レビ=ストロースによって 1940年代から提唱された。それまでの機能主義人類学,特にイギリスの社会人類学者 A.ラドクリフ=ブラウンは,社会構造を現実に存在する一連の社会関係であるとし,直接に観察されるものと考えたのに対して,レビ=ストロースは社会現象から抽象された諸概念の相互関係から,意識されない記号体系としての構造概念を考え,その通文化的比較によって人類に普遍な文化を意味づける「より深い実在」を解明する主知主義的な立場をとった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

構造主義人類学の関連キーワード社会的絆社会制度社会的事実解釈改憲社会的存在通解判示社会的企業社会的障壁法の解釈