魚沼丘陵(読み)うおぬまきゅうりょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

魚沼丘陵
うおぬまきゅうりょう

新潟県南部,越後山脈前山で,新第三紀層からなる丘陵信濃川とその支流魚野川などに挟まれている。南部の当間山(1017m)を最高峰にして,平均標高 600~700m,北方にゆくにつれて高さが減じる。東側は急斜面,西側は緩斜面で信濃川沿岸の河岸段丘へと連なる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

うおぬま‐きゅうりょう〔うをぬまキウリヨウ〕【魚沼丘陵】

新潟県中央部を北東から南西に細長くのびる丘陵。長さ30キロメートル、幅10キロメートル。周辺は油田が多く、魚沼油田と呼ばれる。豪雪地帯。魚沼山地。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

うおぬまきゅうりょう【魚沼丘陵】

新潟県南部,信濃川と支流魚野川,破間(あぶるま)川との間にある丘陵。苗場山麓から北東に向かって中・南魚沼郡を分かち,北は越後山脈の前山を形成する。南で標高1000mをこえるが,中央で400~700m,北で200~300mと低くなる。西の十日町盆地と東の六日町盆地の間の丘陵の稜線は東に偏り東斜面が急である。地層は魚沼層群で砂層,粘土層,礫(れき)層などからなり,全体として西北西に傾くケスタ地形である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔新潟県〕魚沼丘陵(うおぬまきゅうりょう)


新潟県中央部を北東から南西に走る丘陵。東の六日町(むいかまち)盆地と西の十日町(とおかまち)盆地・越後(えちご)平野を分ける。ほぼ中央部を流れる信濃(しなの)川支流の魚野(うおの)川の横谷(おうこく)によって南北に分断される。狭義には魚野川以南をさし、南端の当間(あてま)山(標高1017m)を最高峰に、北東方に漸次高度を下げる。東側は断層崖(だんそうがい)の急斜面をなし、湯沢(ゆざわ)・石打(いしうち)などに多数のスキー場が集中。西側の緩斜面は信濃川の河岸段丘に続く。北部には石油・天然ガスを包含する地層が広がる。2004年(平成16)10月の新潟県中越(ちゅうえつ)地震では震源地周辺の長岡(ながおか)市川口(かわぐち)はじめ同・山古志(やまこし)、小千谷(おぢや)市などで大きな被害が発生した。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

魚沼丘陵
うおぬまきゅうりょう

新潟県の中央部を雁行(がんこう)する山地。十日町盆地と六日町盆地の境をなす第三紀の丘陵山地で、最高峰は十日町市の南部にある当間山(あてまやま)(1017メートル)。平均標高は600~700メートル。山体は第三紀魚沼層群の頁岩(けつがん)と砂岩の互層からなり、所々に柴倉礫岩(しばくられきがん)とよばれる厚い集塊岩が貫入している。山稜(さんりょう)は十日町盆地、六日町盆地に並走して北東から南西方向に延び、東側に急斜面を向け、西側に緩斜面をなす傾動地塊で、信濃(しなの)川べりは第四紀の地盤運動による高位河岸段丘群から形成されている。北端には硬軟互層の差別侵食による模式的ケスタ地形もみられ、東麓(とうろく)の断層崖(がい)は急斜面が多くJR上越沿線のスキー場のメッカになっている。両盆地をつなぐ栃窪(とちくぼ)峠、八箇(はっか)峠は古くからの横断道。最近は稜線を縦走する魚沼スカイラインも完成して、全域が魚沼連峰県立自然公園地区に指定されている。[山崎久雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android