コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東頸城丘陵 ひがしくびききゅうりょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東頸城丘陵
ひがしくびききゅうりょう

新潟県南西部を占める丘陵。信濃川を挟んで東方にほぼ並行して魚沼丘陵があり,西方高田平野がある。新第三紀層からなり,地すべりの多発地帯。豪雪地帯でもある。南東部は直峰松之山大池県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ひがしくびき‐きゅうりょう〔‐キウリヨウ〕【東頸城丘陵】

新潟県南部、高田平野の東側に広がる丘陵。標高は約300~1000メートル。西に西頸城丘陵が続く。豪雪地帯。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ひがしくびききゅうりょう【東頸城丘陵】

新潟県南西部,高田平野と信濃川縦谷帯とにはさまれた丘陵。おもに新第三系の砂岩およびケツ岩からなり,北北西に緩斜面を向ける傾動地塊である。全国でも有数の地すべり地域であり,耕地や集落の多くが地すべり面に位置しているため,大きな災害を引き起こすことがある。また県内でも豪雪地として知られ,過疎化に悩む町村が多い。【中俣 均】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東頸城丘陵
ひがしくびききゅうりょう

新潟県南西部、長野県境にある第三紀丘陵。東部県境の火山地域を最高部として、南南西―北北東に緩斜面を向ける傾動地塊山地で、山体は第三紀中新世の寺泊(てらどまり)層、椎谷(しいや)層の頁(けつ)岩と砂岩からなり、本県の代表的地すべり地帯である。前面は米山(よねやま)山地に阻まれ、傾動地塊崖端(がいたん)を保倉(ほくら)川が横断し、傾斜面は梨棚(なしだな)式支谷が刻まれ、模式的な僻村(へきそん)が分布する。生活舞台は地すべり面の棚田で、例年3メートルを超す豪雪に悩まされ、冬季は出稼ぎに依存する陸の孤島となり、過疎化が進んだ。北越(ほくえつ)急行ほくほく線、保倉川に沿う国道253号、353号、403号、405号が通じる。近年は、上越(じょうえつ)市中心街への就労に伴い兼業農家が増え、園芸や酪農などとの多角経営農業や観光業にも転換している。傾斜面の高原は直峰松之山(なおみねまつのやま)大池県立自然公園に指定されている。[山崎久雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

東頸城丘陵の関連キーワード大島(新潟県の旧村名)頸城(新潟県)松之山[町]浦川原[村]三和[村]吉川[町]十日町盆地大島[村]板倉[町]清里[村]上越(市)松代[町]安塚[町]牧[村]中部地方飯山盆地構造谷松之山上越市浦川原

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android