標津川(読み)しべつがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

標津川
しべつがわ

北海道東部を流れる川。標津岳 (1061m) の南西に源を発し,南東へ流れたのち,中標津町計根別 (けねべつ) 付近で北東へ流路を転じ,標津町南部で根室海峡に注ぐ。全長 49km。下流の両岸は泥炭地を形成。河口はサケの漁場として知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android