コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

根室海峡 ねむろかいきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

根室海峡
ねむろかいきょう

北海道東岸と千島列島の国後 (くなしり) 島との間の海峡。北は知床岬国後島ルルイ岬間約 70km,南は納沙布 (のさっぷ) 岬と国後島ケラムイ崎間約 35kmを結ぶ線で画される海域。最狭部は野付水道と呼ばれ,野付崎と国後島ノツエト崎の間で約 16km。水深は中央部の野付水道付近で5~10m,南側入口付近は 20~30m,北側入口付近は 2400mにも達する。夏は海霧,冬は流氷によって船舶の航行が妨げられることが多い。北側入口から中央部にかけてはサケ,スケトウダラ,イカ,ホタテガイなどの好漁場。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

根室海峡【ねむろかいきょう】

北海道と千島列島国後(くなしり)島の間の海峡。幅は20〜30km,最狭部は野付(のつけ)崎と国後島ノツエト崎の間(野付水道)で16km。根室半島と水晶島の間は珸瑶瑁(ごようまい)海峡で隔てられる。
→関連項目標津[町]羅臼[町]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ねむろかいきょう【根室海峡】

北海道の東岸と国後(くなしり)島との間にある海峡。知床岬と国後島ルルイ岬を結ぶ幅約70kmを北口,根室半島突端の納沙布(のさつぷ)岬と国後島ケムライ崎を結ぶ幅約35kmを南口とする。海域の南の部分は根室湾である。海峡中央部に突き出す野付(のつけ)半島と国後島のノツエト崎,ケムライ崎との間は野付水道と呼ばれ,幅約16kmで海峡中最も狭い。水深は南口で20~30m,野付水道で5~10m,北部は急に深くなり,北口中央部では2400mに達する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ねむろかいきょう【根室海峡】

北海道本島と国後くなしり島との間の海峡。冬季は氷で閉ざされる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕根室海峡(ねむろかいきょう)


北海道東岸と北方領土の国後(くなしり)島の間にある海峡。知床(しれとこ)岬と国後島北岸のルルイ岬を北口、納沙布(のさっぷ)岬と国後島南西端のケラムイ崎を南口とする。幅約17kmの最狭部をなす野付(のつけ)水道付近は、水深も約10mしかなく、大型船は航行不能。サケ・マス・タラ・コンブなどの好漁場で根室(ねむろ)・標津(しべつ)・羅臼(らうす)などの漁港がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

根室海峡
ねむろかいきょう

北海道東部、知床(しれとこ)半島から根室半島にかけての海岸線と国後(くなしり)島間の海峡。幅は20~30キロメートルであるが、標津(しべつ)町の砂嘴(さし)の野付(のつけ)崎と国後島南端のケラムイ崎間は16キロメートルにすぎず、この間は野付水道ともよばれる。海域にはサケ、マス、カニ、タラ、ホッケなどが豊富で、漁船は羅臼(らうす)港、標津港、根室港を基地として操業しているが、ときおりロシアの哨戒(しょうかい)艇によって日本の漁船が拿捕(だほ)され、危険な海域とされている。水深は50メートル以下で、氷河期には野付水道一帯は陸続きであったといわれている。[進藤賢一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

根室海峡の関連キーワード野付風蓮道立自然公園北海道標津郡標津町根室(支庁)温根沼遺跡標津[町]別海[町]珸瑶瑁海峡標津(町)別海(町)羅臼[町]知床半島根釧台地宗谷暖流野付半島知床の海羅臼町硫黄山西別川標津川標津町

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

根室海峡の関連情報