コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

模範議会 もはんぎかい Model Parliament

4件 の用語解説(模範議会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

模範議会
もはんぎかい
Model Parliament

1295年 11月,イングランドエドワード1世が,スコットランド遠征の戦費捻出のため招集した議会。高位聖職者 (大司教,司教,修道院長など) ,高位貴族 (伯・男爵) のほかに,各州より2名ずつの騎士,各都市より2名ずつの市民,各司教区から2名ずつの司祭の代表などを集めて議した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

模範議会【もはんぎかい】

1295年イングランド王エドワード1世が対外遠征費調達の必要から召集した議会で,Model Parliamentという。貴族や大司教,司教などのほか,各州および各都市からそれぞれ市民の代表を加えて開いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

もはんぎかい【模範議会】

1295年エドワード一世が召集したイギリスの身分制議会。下級聖職者・騎士・市民も参加し、のちの議会構成の模範とされた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

模範議会
もはんぎかい
Model Parliament

1295年、イギリスエドワード1世(在位1272~1307)が招集した議会。イギリスの議会は、王が聖俗の大貴族に国政や司法の重要問題を諮問する封建的集会の大会議に、13世紀以降州や都市の代表が参加するようになり、しだいに形を整えていくが、この年の議会には、〔1〕大司教、司教、修道院長、〔2〕大貴族(伯などの諸侯)、〔3〕各州2名の騎士と各都市2名の市民、〔4〕副司教、付属修道院長以下の教区代表を含む下級聖職者が、参加し、その構成が当時の社会構成を「模範」的に代表していたためこの名がある。もっとも、こうした地域代表参加の議会が恒常化するのは14世紀前半エドワード2世の治世であり、また下級聖職者はのち議会には参集しなくなった。なお、「貴族院(上院)」「庶民院(下院)」の二院構成は14世紀の間にしだいに明確となる。[松垣 裕]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の模範議会の言及

【エドワード[1世]】より

…在位1272‐1307年。父王ヘンリー3世晩年の貴族による国政改革の争いに,自らも参加し,即位ののちその経験を生かして,1295年には高位聖職者,有力貴族,各州と諸都市の代表からなる議会(後世〈模範議会Model Parliament〉とよぶ)を召集して課税協賛を得た。また土地保有制を秩序化する法律を制定して中世以来の法を整えるなど,後世のイギリスの国政に基礎をあたえた。…

※「模範議会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

模範議会の関連キーワードノルマン征服プリンスエドワードアイランドグランドワゴンウィリアム[1世]エドワード[1世]エドワード[4世]エドワード[2世]クヌット[2世]ジョン・オブ・ゴーントイングランド王国

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone