コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

権威主義体制[ラテンアメリカ] けんいしゅぎたいせいラテンアメリカ authoritarian regime

1件 の用語解説(権威主義体制[ラテンアメリカ]の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

権威主義体制[ラテンアメリカ]
けんいしゅぎたいせいラテンアメリカ
authoritarian regime

自発的結社や個人ではなく,国家が認可した少数の主体にのみ政治の実質的関与が限定され,全体主義ほど厳しい統制はないのが最大の特徴である体制。民主主義に近いコスタリカコロンビアベネズエラと,全体主義に近いキューバを除いて,程度の差はあるが,ブラジルアルゼンチン,チリ,ペルーなど多くの国の軍政時代および文民政権のメキシコがこの分類に入る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

権威主義体制[ラテンアメリカ]の関連キーワード私営自発自発性自発的ではなくて不認可自発的秩序形成自発運動自発的土地寄進マンデン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone