横浜FC(読み)ヨコハマエフシー

デジタル大辞泉プラスの解説

横浜FC

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。2001年に加盟。神奈川県を活動区域とする。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

横浜FC
よこはまえふしー

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)所属クラブ。欧文表記はYOKOHAMA FC。法人名は「株式会社横浜フリエスポーツクラブ」。横浜市をホームタウンとし、神奈川県を活動区域としている。ホームスタジアムはニッパツ三ツ沢球技場(収容人員1万5046)。地域に密着したクラブづくりを目ざしていることを表現し、多くの人が覚えやすいように、チーム名をホームタウン名である「横浜」にした。FCはフットボールクラブの略。クラブカラーは白、水色、青。
 1998年(平成10)に、横浜フリエスポーツクラブの設立登記申請を行い、1999年に横浜フリエスポーツクラブとして法人登記。同時にチーム名を横浜FCとした。同年、準会員としてJFLに参加。2000年からはJFL正会員となる。2001年にJリーグディビジョン2(J2)に参加。2007年ディビジョン1(J1)に昇格したが、2008年にJ2に降格した。
 1999年(平成11)に横浜マリノスと横浜フリューゲルスが合併したことで、横浜フリューゲルスの単独でのチーム存続を願う有志の手によって設立された。本来は神奈川県リーグ三部からスタートしなければならなかったが、特例として設立と同時にJFL準会員としての活動をスタートさせた。初代監督は元西ドイツ代表のリトバルスキーPierre Littbarski(1960― )。2005年から三浦知良(かずよし)(1967― )が在籍。過去に在籍した選手に、城彰二(じょうしょうじ)(1975― )、山口素弘(もとひろ)(1969― )らがいる。[中倉一志]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

横浜FCの関連情報