コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横浜FC ヨコハマエフシー

3件 の用語解説(横浜FCの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

よこはま‐エフシー【横浜FC】

日本プロサッカーリーグクラブチームの一。ホームタウン横浜市横浜マリノス(当時)に吸収合併された横浜フリューゲルスサポーターが中心となって、平成11年(1999)に発足。選手は他チームの元選手らを集めた。平成13年(2001)にJリーグに参加。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

横浜FC

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。2001年に加盟。神奈川県を活動区域とする。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

横浜FC
よこはまえふしー

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)所属クラブ。欧文表記はYOKOHAMA FC。法人名は「株式会社横浜フリエスポーツクラブ」。横浜市をホームタウンとし、神奈川県を活動区域としている。ホームスタジアムはニッパツ三ツ沢球技場(収容人員1万5046)。地域に密着したクラブづくりを目ざしていることを表現し、多くの人が覚えやすいように、チーム名をホームタウン名である「横浜」にした。FCはフットボールクラブの略。クラブカラーは白、水色、青。
 1998年(平成10)に、横浜フリエスポーツクラブの設立登記申請を行い、1999年に横浜フリエスポーツクラブとして法人登記。同時にチーム名を横浜FCとした。同年、準会員としてJFLに参加。2000年からはJFL正会員となる。2001年にJリーグディビジョン2(J2)に参加。2007年ディビジョン1(J1)に昇格したが、2008年にJ2に降格した。
 1999年(平成11)に横浜マリノスと横浜フリューゲルスが合併したことで、横浜フリューゲルスの単独でのチーム存続を願う有志の手によって設立された。本来は神奈川県リーグ三部からスタートしなければならなかったが、特例として設立と同時にJFL準会員としての活動をスタートさせた。初代監督は元西ドイツ代表のリトバルスキーPierre Littbarski(1960― )。2005年から三浦知良(かずよし)(1967― )が在籍。過去に在籍した選手に、城彰二(じょうしょうじ)(1975― )、山口素弘(もとひろ)(1969― )らがいる。[中倉一志]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

横浜FCの関連キーワードザスパクサツ群馬愛媛FCFC東京大宮アルディージャ柏レイソルカターレ富山ジュビロ磐田セレッソ大阪栃木サッカークラブロアッソ熊本

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

横浜FCの関連情報