横芝光町(読み)よこしばひかり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

横芝光〔町〕
よこしばひかり

千葉県北東部に位置する町。西部には下総台地,東部には九十九里平野が広がる。中央を九十九里浜に注ぐ栗山川が貫流。 2006年横芝町と町が合体。横芝は近世から市場町として発達,物資の集散地であった。両総用水の開通後は水田開発が進み,穀倉地帯を形成。米,サツマイモ,ラッカセイを多産し,スイカ,トマトなどの園芸農業,養豚も盛ん。殿塚,姫塚の2基の前方後円墳を中心とする芝山古墳群があり,国の史跡に指定。虫生 (むしょう) にある広済寺では毎年,鬼来迎 (きらいごう) と呼ばれる鬼舞が演じられ,国の重要無形民俗文化財に指定されている。太平洋に面する海岸部は九十九里県立自然公園に属する。 JR総武本線,国道 126号線が通り,千葉東金道路横芝光インターチェンジがある。面積 67.01km2。人口 2万3762(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

横芝光町の関連情報