コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芝山古墳群 しばやまこふんぐん

世界大百科事典 第2版の解説

しばやまこふんぐん【芝山古墳群】

千葉県山武郡芝山横芝両町を中心に分布する古墳および古墳群の総称。木戸・高谷両川流域の低丘陵上に築かれ,400基以上を数える。多数の小円墳と若干の前方後円墳とからなる。群中の盟主級の古墳として,殿塚古墳姫塚古墳がある。両墳は近接して営まれ,ともに西面する。1956年滝口宏によって発掘された。殿塚古墳は,全長86m,後円部径51m,前方部幅58mをはかり,周濠が二重にめぐる。後円部に横穴式石室を有し,副葬品として玉類,耳環,銅鋺(かなまり),刀,鏃などの出土をみた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

国指定史跡ガイドの解説

しばやまこふんぐん【芝山古墳群】


千葉県山武(さんぶ)郡横芝光町中台にある古墳群。房総半島の北東部、九十九里海岸に面する山武郡の中央を流れる木戸川中流部の台地上に位置し、殿塚と姫塚の2基の前方後円墳を中心として15基の円墳が群在。1958年(昭和33)に国の史跡に指定された。殿塚は前方部を西に向け長さ約88mで、墳丘には埴輪(はにわ)円筒列がめぐらされ、中段の北側に埴輪動物像群と人物像群が配置され、後円部には南面して横穴式石室がある。玄室は前後2室で、内部から勾玉(まがたま)などの玉類・金環・頭椎大刀(かぶつちのたち)・鉄鏃(てつぞく)・鉄製刀子・銅鋺などが発見された。姫塚は殿塚の北約30mに位置し、主軸の長さ約58m。墳丘中段には南側に埴輪円筒列があり、北側に動物像群、人物像群の列があることが確認。前方部には南面して横穴式石室があり、勾玉などの玉類・金環・金銅装大刀・鉄製刀身・鉄鏃・金銅製飾金具などが発見された。芝山町立芝山古墳・はにわ博物館で出土品を展示している。京成電鉄成田駅から空港シャトルバス「横芝中台」下車、徒歩約5分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

芝山古墳群
しばやまこふんぐん

千葉県山武(さんぶ)郡芝山町から横芝光(よこしばひかり)町にかけて400基以上の古墳が分布するが、そのうちの横芝光町中台(なかだい)にある国指定史跡の殿塚(とのづか)・姫塚(ひめづか)とその周辺の15基の円墳群をさす。殿塚・姫塚は1956年(昭和31)早稲田(わせだ)大学によって発掘調査され、墳丘からともに多くの形象埴輪(はにわ)を出土したことで注目された。殿塚は全長86メートル、二重の周湟(しゅうこう)をもって西面する前方後円墳で、後円丘南側に両袖(そで)型横穴式石室があり、玉類、金銅(こんどう)製鈴、銅鋺(どうわん)、直刀(ちょくとう)(頭椎大刀(かぶつちのたち)を含む)、金環などが出土した。姫塚は全長58.5メートル、周湟をもち西面する前方後円墳で、殿塚の北30メートルに位置する。前方丘南側に横穴式石室があり、玉類、金銅製飾金具、方頭大刀、金環、馬具類、土師(はじ)器、須恵(すえ)器、鉄鏃(てつぞく)などが出土した。墳丘南側に朝顔形円筒埴輪と円筒埴輪を立て、低地に面した北側墳丘中段に男性1、馬と馭者(ぎょしゃ)各4、武人2、男性群、女性5、男性群の順序に埴輪列がみられ、行列の少し上段から琴を膝(ひざ)に置く人物埴輪、墳丘裾(すそ)にひざまずく男の埴輪がある。形象埴輪群が原位置に完存したまれな例であり葬送儀礼研究の重要資料である。両古墳とも7世紀の築造。埴輪や出土遺物は芝山仁王尊(におうそん)内のはにわ博物館に陳列されている。[久保哲三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

芝山古墳群の関連キーワード歴史の里 芝山ミューゼアム千葉県山武郡横芝光町中台殿塚〈千葉県〉殿塚・姫塚古墳姫塚〈千葉県〉横芝[町]芝山(町)横芝光町

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android