コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

両総用水 りょうそうようすい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

両総用水
りょうそうようすい

千葉県北東部,九十九里平野を潤す用水路。幹線延長 78km。利根川南岸の排水不良地の乾田化と九十九里平野の天水田の灌漑に利用されている。受益面積約1万 8000ha。 1943年着工,1965年完成。利根川下流の香取市佐原に揚排水機場を設置,両総台地をトンネル,サイホン,開渠で横断する。末端は平野南部の茂原市付近に達する。水路の完成は利根川沿岸の冠水を減らし,九十九里平野の干害を解消,二毛作地への転換などに大きく寄与している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

りょうそう‐ようすい〔リヤウソウ‐〕【両総用水】

千葉県九十九里浜平野南部の灌漑(かんがい)と低湿地の排水のために作られた国営の用水路。延長約80キロ。香取市で利根川から取水し、横芝光町、茂原市に至る。昭和42年(1967)完成。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

両総用水【りょうそうようすい】

千葉県北東部の用水路。利根川下流の佐原市で取水し,下総(しもうさ)台地を横切って,九十九里平野南部の栗山川と一宮川の間の水田を灌漑(かんがい)し,あわせて佐原市(現・香取市)周辺の低湿水田を排水する。
→関連項目多古[町]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

りょうそうようすい【両総用水】

千葉県九十九里浜平野の灌漑用水として、利根川から取水し供給する国営の用水路。延長80キロメートル。1967年(昭和42)完成。取水口は香取市。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

両総用水
りょうそうようすい

千葉県中東部、利根(とね)川から九十九里平野の中部以南に引かれた農業用水。九十九里平野の水田の用水不足を解消するとともに、取水口に近い利根川下流地域の排水を兼ねた事業である。1933年(昭和8)と翌年、および1940年に生じた九十九里一帯の大干害によって被害を受けた地元農民の要請で、1943年農地開発営団が工事に着手、第二次世界大戦後、農林省直轄の国営事業として継承され、1965年(昭和40)に完成した。利根川下流の香取(かとり)市岩ヶ崎に第一揚水機場を設け、毎秒14.5立方メートルの水を比高20メートルの台地へポンプアップし、これを栗山(くりやま)川に流し、さらに山武(さんぶ)郡横芝光(よこしばひかり)町の第二揚水機場、茂原(もばら)市の第三揚水機場によって幹線用水路に導く。総延長73.8キロメートル、灌漑(かんがい)面積は1万4000ヘクタールに及ぶ。九十九里平野はこの用水の完成によって良質の米作地帯となった。[山村順次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の両総用水の言及

【利根川】より

…したがって用水路の流向は,現利根川とは直角の方向をなす。(3)房総地域 この地域で重要な利水事業は両総用水(1967完成)と大利根用水(1951完成)で,いずれも完成年度が新しい。両総用水は千葉県佐原市で利根川から取水し,下総台地を横切って九十九里平野に出,利根川沿岸の低湿田の排水と九十九里平野の水田の用水不足の解消をはかったものである。…

※「両総用水」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

両総用水の関連キーワード千葉県山武郡横芝光町寺方千葉県香取市佐原ホ千葉県香取郡多古町大利根県立自然公園多古[町]長生[村]千葉(県)下総台地灌漑用水光[町]取水口横芝多古

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

両総用水の関連情報