樺山資英(読み)かばやますけひで

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

樺山資英
かばやますけひで

[生]明治1(1869).11.19. 鹿児島
[没]1941.3.19. 東京
政治家。米国エール大学を卒業。 1895年陸軍通訳,その後 1923年第2次山本権兵衛内閣の書記官長となり,関東大震災の処理にあたった。 24年内閣総辞職により退官し,貴族院議員となった。その後 30年,国際無電会社の創設に尽力し,露領水産組合組長に就任,日ソ漁業条約に関する紛争解決に努力した。伝記に伝記刊行会編刊『樺山資英伝』がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

樺山資英 かばやま-すけひで

1868-1941 明治-昭和時代前期の政治家。
明治元年11月17日生まれ。樺山資雄の次男。第2次松方内閣の首相秘書官,満鉄理事などを歴任薩摩(さつま)派の中心人物として山本権兵衛擁立に奔走し,大正12年第2次山本内閣の内閣書記官長をつとめた。帝都復興院参与。貴族院議員。昭和16年3月19日死去。74歳。薩摩(鹿児島県)出身。エール大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android