コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歌袋 ウタブクロ

デジタル大辞泉の解説

うた‐ぶくろ【歌袋】

和歌の原稿を入れておく袋。檀紙(だんし)などで作り、水引を口ひもとして、柱に掛けておく。
鳴嚢(めいのう)
[補説]書名別項。→歌袋

うたぶくろ【歌袋】[書名]

江戸後期の歌論書。6巻。富士谷御杖(ふじたにみつえ)著。寛政5年(1793)刊。父の成章(なりあきら)の意見を採用した部分が多く、歌人索引・作例なども収録。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うたぶくろ【歌袋】

和歌の草稿を入れておく袋。檀紙だんし・錦にしき・綾あやなどで作り、水引を通し座敷の柱にかけて飾りにする。
カエルののどにある器官で、鳴くときにふくらませる。鳴囊めいのう

うたぶくろ【歌袋】

歌論書。六巻。富士谷御杖みつえ著。1793年刊。歌論のほか、勅撰集の作者索引、および作例などを収める。父成章なりあきらの見解の祖述もうかがえ、富士谷派の歌論としてのまとまりを示す。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

歌袋の関連キーワード雪(地歌、箏曲)鳴嚢・鳴囊富士谷御杖石川雅望勅撰集祖述草稿和歌鳴嚢

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android