コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

止利仏師 トリブッシ

百科事典マイペディアの解説

止利仏師【とりぶっし】

鞍作止利(くらつくりのとり)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

止利仏師
とりぶっし

鞍作止利」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

止利仏師
とりぶっし

生没年不詳。飛鳥(あすか)時代の仏師。鳥仏師とも書くが、司馬鞍作部首(しばのくらつくりべのおびと)止利仏師の通称。また鞍作止利(くらつくりのとり)、鞍首(くらのおびと)止利ともよばれる。中国南梁(なんりょう)からの渡来人司馬達等(しばたっと)の孫といわれているが、司馬一族は4世紀ごろに渡来した「鞍作村主(すぐり)」の子孫とする説もある。聖徳太子や当時の権力者蘇我(そが)氏に用いられ、『日本書紀』によれば、606年(推古天皇14)に飛鳥寺の釈迦如来坐像(しゃかにょらいざぞう)(飛鳥大仏、飛鳥美術)を造像(止利作を否定する説もある)、623年聖徳太子と母后、妃(きさき)の菩提(ぼだい)のために法隆寺金堂の釈迦如来及び両脇侍(きょうじ)像を完成している。先の飛鳥大仏が後世の補修が多いのに比し、この三尊像はほとんど完全に残っており、光背裏の刻銘から彼の確実な作品と知られ、貴重である。作風は中国北魏(ほくぎ)竜門系の様式を取り入れながら、独自な造形感覚で日本的に整斉された「止利様式」を確立している。単純な形の大きく張った目、両端がつり上がってアルカイック・スマイル(古式の笑い)と称される不思議な微笑を感じさせる唇、板を重ねたように堅く直線的な衣のひだなど、象徴的で力強く、威厳に満ちており、名実ともに7世紀前半の彫刻界を代表する作家であったことを示している。[佐藤昭夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の止利仏師の言及

【鞍作止利】より

…生没年不詳。止利(鳥)仏師ともよばれるが正しくは司馬鞍作首止利(しばのくらつくりのおびととり)。南梁からの帰化人司馬達等の孫というが,4世紀ごろに帰化した司馬一族の〈鞍作村主〉の子孫ではないかと考えられ,また朝鮮(百済)からの帰化人とする説もある。…

※「止利仏師」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

止利仏師の関連キーワード鞍作止利・鞍作鳥鞍作多須奈飛鳥彫刻司馬達等日本美術坂田寺金銅仏鞍作鳥善信尼飛鳥寺美術仏師

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android