コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正子内親王 まさこないしんのう

3件 の用語解説(正子内親王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

正子内親王 まさこないしんのう

⇒せいしないしんのう

正子内親王 しょうしないしんのう

⇒せいしないしんのう

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

正子内親王

没年:元慶3.3.23(879.4.18)
生年:大同4(809)
平安時代前期の淳和天皇皇后。嵯峨天皇橘嘉智子の子。「まさこ」とも。天長4(827)年皇后に。恒貞親王を生む。天長8年旱災のとき,囚徒を録して人々の作役を廃するよう天皇に勧めると雨が降ったという。天長10年仁明天皇が即位し,恒貞が立太子。承和7(840)年夫が死亡したため,出家して尼となった。承和の変(842)が起こるや,謀反の中心とみなされ恒貞親王は廃太子。正子は摘発者の母嘉智子を怨んだ。貞観2(860)年菩薩戒を受ける。法名は良祚。篤く仏教を信仰し,大覚寺を建立。側に僧尼の病気治療のための済治院を建てた。さらに淳和院を道場とし,尼の居所とした。京中孤児の養育にも当たった。

(京楽真帆子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

正子内親王の関連キーワード経国集橘嘉智子恒貞親王大野真鷹百済慶命高志内親王高津内親王多治比高子恒世親王源定

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone