コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原延子(読み)ふじわらの のぶこ

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原延子

没年:嘉保2.6.9(1095.7.13)
生年:長和5.10.4(1016.11.6)
平安時代後期の後朱雀天皇女御。麗景殿女御,高倉女御とも。藤原頼宗と藤原伊周娘の子。一条天皇の娘脩子内親王に養育される。長久3(1042)年後朱雀天皇に入内し,寛徳1(1044)年に懐妊するが,天皇が重病に陥る。延子と,教通の娘生子が天皇存命中に立后を実現するためそれぞれ画策競争するが,果たさぬうちに天皇は死亡。3カ月後に正子内親王を生む。永承5(1050)年従二位。康平3(1060)年父の封戸500烟を譲られる。延久5(1073)年病気により出家。嘉保2(1095)年霍乱(痢病の一種)により死亡した。

(京楽真帆子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

藤原延子 (ふじわらのえんし)

生年月日:1016年10月4日
平安時代中期;後期の女性。後朱雀天皇の女御
1095年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android