コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正実坊 しょうじつぼう

朝日日本歴史人物事典の解説

正実坊

室町時代の土倉業者。応永年間(1394~1428)ごろより京都に集住し,醸造業や高利貸業によって巨利を得る酒屋,土倉衆が340軒余に上り,なかには巨万の富を得て,幕府の財政を支えるほどの者も現れた。彼らこそまさしく京町衆の最上層民であり,町自治に大きく関与した。室町幕府は酒屋土倉役の徴収に当たり,納銭方という役職を設けて酒屋土倉衆の有力者をこれに任じたが,そのなかに正実坊の名がみえる。ただしこれは個人名ではなく,坊名として襲名されたものである。ほかには定泉坊,定光坊,禅住坊など法体の土倉と,沢村,中村,河村など俗人の酒屋も同職にあったことが知られる。納銭方は幕府の財産管理をする公方御倉職につき,名実ともに財政権を手中に収め,相当の実力を発揮した。正実坊は山門の僧侶で,相国寺近辺に土倉を営み,応永年間随一の富豪であった。その財力は,洛中洛外の土地・家屋の集積にも向けられ,当時富裕者を意味した「有徳者,徳人」の名をほしいままにした。<参考文献>『京都の歴史』3巻

(宇野日出生)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

正実坊の関連キーワードアイリンク1394DV端子FireWire足利義持応永明兆アビニョン教皇庁北山文化足利義教

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android