正朔(読み)セイサク

デジタル大辞泉の解説

せい‐さく【正×朔】

《「正」は年の初め、「朔」は月の初めの意》正月朔日。1月1日。元日。
暦のこと。
《古代中国で、天子が代わると暦を改めたところから》天子の統治。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいさく【正朔】

〔「正」は年の初め、「朔」は月の初め〕
正月朔日。一月一日。
暦。暦法。
[句項目] 正朔を奉ず

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せい‐さく【正朔】

〘名〙
① (「正」は年の始め、「」は月の始めの意) 正月朔日。一月一日のこと。
※古今著聞集(1254)三「正朔の節会より除夜の追儺にいたるまで、公事の礼一にあらず」
② 暦のこと。
※本朝文粋(1060頃)二・応停止勅旨開田拝諸院宮買取田地舎宅等事「正朔逓変。驪翰推遷」 〔礼記‐大伝〕
③ (古代中国で、新しく王が立つと暦を改めたところから) 天子の支配。王化。また、王統。
※続日本紀‐延暦八年(789)七月甲寅「今正朔所施。区宇無外」 〔後漢書‐西南夷伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android