正朔(読み)セイサク

  • 正×朔

デジタル大辞泉の解説

《「正」は年の初め、「朔」は月の初めの意》正月朔日。1月1日。元日。
暦のこと。
《古代中国で、天子が代わるとを改めたところから》天子の統治

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① (「正」は年の始め、「朔」は月の始めの意) 正月朔日。一月一日のこと。
※古今著聞集(1254)三「正朔の節会より除夜の追儺にいたるまで、公事の礼一にあらず」
② 暦のこと。
※本朝文粋(1060頃)二・応停止勅旨開田拝諸院宮買取田地舎宅等事「正朔逓変。驪翰推遷」 〔礼記‐大伝〕
③ (古代中国で、新しく王が立つと暦を改めたところから) 天子の支配。王化。また、王統。
※続日本紀‐延暦八年(789)七月甲寅「今正朔所施。区宇無外」 〔後漢書‐西南夷伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

正朔の関連情報