コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正気歌 せいきのうたZheng-qi ge

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

正気歌
せいきのうた
Zheng-qi ge

中国,南宋末の五言古詩文天祥の作。至元 18 (1281) 年成立。 60句から成る。元軍と戦い,その捕虜となった作者が,燕都 (北京) の獄中でつくったもの。憂国の詩として有名で,日本でも幕末の志士に特に愛唱され,藤田東湖吉田松陰らに模倣作がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せいき‐の‐うた【正気歌】

中国、宋末の宰相文天祥が元軍と戦って敗れ捕らえられ、元の大都(北京)の獄中にあって作った五言の古詩。節を曲げず忠義を貫く心をうたったもの。
江戸末期、藤田東湖が作った五言古詩。尊王の心をうたい、志士たちの士気を高めた。吉田松陰にも同名の作品がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

せいきのうた【正気歌 Zhèng qì gē】

中国,南宋滅亡の後,元(モンゴル)の捕虜となった文天祥が1281年北京の獄中で作った抵抗の詩。中国文学史上屈指の傑作で,悲劇的なその生涯とあいまって,後世に大きな感銘を与えた。〈天地に正気有り〉と,その詩は宇宙の広大な運行から説きおこし,歴代人物の壮烈な気節を列挙し,最後は〈古道顔色を照らす〉と,自己の行動もそれらの人々に連なる正当性を持つと確認して結ぶ。日本の幕末の志士にも熱唱された。【岡本 不二明】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の正気歌の言及

【文天祥】より

…しかし文天祥は宋王朝への忠節をまげず,在獄3年ののち82年(至元19)処刑された。81年獄中で作った長詩〈正気歌(せいきのうた)〉は,天地間の不変の気を宋に忠節をつくすみずからの姿と重ねて歌ったもので,藤田東湖,吉田松陰ら日本の幕末の勤皇の志士,忠君愛国の思想に少なからぬ影響を及ぼした。《文山全集》20巻があり,杜甫の詩の集句も作っている。…

※「正気歌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

正気歌の関連キーワード松本 芳翠豊道 春海正気の歌牛驥同皁松本芳翠

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android