コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正累帯構造 せいるいたいこうぞう normal zoning

1件 の用語解説(正累帯構造の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

正累帯構造

火成岩では温度降下による結晶成長の際に,結晶の中心部から周辺部に向かって,より低温条件での晶出が期待される組織に,単調に変化する構造.変成岩では中心部から周辺部に向かって温度上昇に伴うと期待されるように組成が変化する構造.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

正累帯構造の関連キーワード結晶学火成反応関係反応線偽成長受動的沈澱エンドブラステシス自形変晶樹枝状アヴラミの式

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone