コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武田五一 たけだごいち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

武田五一
たけだごいち

[生]明治5(1872).12.15. 広島
[没]1938.2.5. 京都
建築家。 1897年東京大学造家学科卒業。東京大学,京都高等工芸学校などにつとめたのち,1920年京都大学建築学科創立とともに同大教授。教育と設計の両面で関西建築界を育てた。 1907年の福島行信邸 (東京) で日本最初のウィーン・ゼツェッシオン様式を試み,アール・ヌーボーの造形を紹介,さらには中国風,和風の様式もこなした。建築以外に橋梁記念碑,街路施設,家具,染色などのデザインも行い,大正期の最も多彩な作家の一人。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

武田五一【たけだごいち】

建築家。広島県生れ。東大造家学科卒。1901年―1903年ヨーロッパに留学し,アール・ヌーボーゼツェッシオンなどの世紀末建築を体験。帰国後,京都高等工芸学校図案科教授。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武田五一 たけだ-ごいち

1872-1938 明治-昭和時代前期の建築家。
明治5年11月15日生まれ。東京帝大助教授,京都高等工芸教授,名古屋高工校長を歴任,大正9年京都帝大建築学科設立とともに教授となる。昭和9年に開始された法隆寺大修理の事務所長をつとめた。昭和13年2月5日死去。67歳。広島県出身。東京帝大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たけだごいち【武田五一】

1872~1936) 建築家。広島県生まれ。京都帝大教授。欧州留学の経験を生かした評論と古建築の保存研究などを行なった。代表作に東方文化学院京都研究所など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

武田五一の関連キーワード鉄筋コンクリート構造名和昆虫博物館岐阜公園三重塔吉岡 保五郎代表作桜宮橋建築家評論

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

武田五一の関連情報