コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歩む アユム

デジタル大辞泉の解説

あゆ・む【歩む】

[動マ五(四)]
足を交互に動かして前に行く。歩を運ぶ。歩く。「野道を―・む」
月日を経る。人生を送る。「いばらの道を―・む」
物事が進行する。進展する。「破局に向かって―・む」
出かける。行く。
「ありくべき事あれば、みづから―・む」〈方丈記
[可能]あゆめる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あゆむ【歩む】

( 動五[四] )
あるく。 「本道を-・む」
経て来る。経験する。過ごす。 「父の-・んだ人生」
[可能] あゆめる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

歩むの関連キーワードベロニカ(伝説上のエルサレムの女性)クラウディア カルディナーレきらりん☆レボリューションアンソニー アンドルースキリスト教民主・社会同盟サンダール バーグマンジョベス ウィリアムズヨウン スベンソンうたうたいのテーマトニオ・クレーガーパコ・デ・ルシアクオ・ウァディス白い戦士ヤマトミスタンゲット大谷 忠一郎アワ・ハウス室町 京之介トリスターナ繋がれた明日グロティウス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

歩むの関連情報