コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歯音 しおんdental

翻訳|dental

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

歯音
しおん
dental

舌先と上の前歯との間で調音される音。この狭義の歯音は,さらに歯間音 interdentalと歯裏音 post-dentalに分けられる。それぞれアイスランド語の[θ][ð],フランス語の[t][d][n]がその例。英語の[θ][ð]には両方の発音がある。広義の歯音には歯茎音を含めるが,これと区別するときは,歯音には[̪],歯茎音には をつけて表わす。[ ]と[ ]。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

し‐おん【歯音】

歯や歯ぐきと舌との間で調節される音。破裂音の[t][d]や摩擦音の[s][z]など。

は‐おと【歯音】

歯で物をかむ音。
下駄(げた)の歯の地面に当たる音。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しおん【歯音】

上の前歯と舌先の接触または接近によって発音される子音。[t][d][n][θ][ð][s][z]など。前歯まえば音。
中国古代の音韻学で、子音を五種に分類したものの一。上の前歯と舌で調音される音。「心」「邪」「審」「禅」などの子音をさす。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の歯音の言及

【子音】より

…(1)妨害の位置(調音の位置)は,上顎に付着する上位調音器官(上唇,上歯,歯茎,硬口蓋,軟口蓋,口蓋垂,咽頭)と,下顎に付着する下位器官(下唇,舌先,舌端,前舌,後舌,舌根)との組合せおよび声門から成る。これに基づき分類すれば,両唇音(上唇と下唇),唇歯音(上歯と下唇),歯音(上歯と舌先),歯茎音(歯茎と舌先もしくは舌端),硬口蓋歯茎音(歯茎後部と舌端),硬口蓋音(硬口蓋と前舌),軟口蓋音(軟口蓋と後舌),口蓋垂音(口蓋垂と後舌),咽頭音(咽頭壁と舌根),それに声門音がある。(2)妨害の方法は,まず(a)上下の器官を接触させる場合で,それが完全ならば閉鎖音,部分的ならば側音となる。…

※「歯音」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報