死せる孔明生ける仲達を走らす(読み)シセルコウメイイケルチュウタツヲハシラス

  • 死(し)せる孔明(こうめい)生ける仲達(ちゅうたつ)を走らす

デジタル大辞泉の解説

《「蜀志」諸葛亮伝・注から》中国の三国時代蜀(しょく)諸葛孔明(しょかつこうめい)司馬仲達五丈原で対陣中に病死したため、軍をまとめて帰ろうとした蜀軍を仲達はただちに追撃したが、蜀軍は孔明遺命に基づいて反撃の構えを示したため、仲達は孔明がまだ死んでおらず、何か策略があるのだろうと勘ぐり退却したという故事生前威光死後も残っており、人々を畏怖させるたとえ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

死せる孔明生ける仲達を走らすの関連情報