死せる孔明生ける仲達を走らす(読み)シセルコウメイイケルチュウタツヲハシラス

デジタル大辞泉の解説

死(し)せる孔明(こうめい)生ける仲達(ちゅうたつ)を走らす

《「蜀志」諸葛亮伝・注から》中国の三国時代蜀(しょく)諸葛孔明(しょかつこうめい)司馬仲達五丈原で対陣中に病死したため、軍をまとめて帰ろうとした蜀軍を仲達はただちに追撃したが、蜀軍は孔明の遺命に基づいて反撃の構えを示したため、仲達は孔明がまだ死んでおらず、何か策略があるのだろうと勘ぐり退却したという故事。生前の威光が死後も残っており、人々を畏怖させるたとえ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しせるこうめいいけるちゅうたつをはしらす【死せる孔明生ける仲達を走らす】

〔三国志 蜀書諸葛亮伝注
しよくの諸葛孔明が五丈原の陣中で病死し、部下の楊儀は陣営を引き払って退却し始めた。これを聞いた魏の司馬仲達が追撃すると蜀は応戦の構えを見せたので、仲達は孔明の計略かと恐れて追撃をやめ、退却したという故事。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android