コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毛綱毅曠 もづなきこう

3件 の用語解説(毛綱毅曠の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

毛綱毅曠【もづなきこう】

建築家。北海道釧路市生れ。神戸大学建築学科卒。1972年に母親の住宅〈反住器〉を発表。正方形ガラスコンクリート入れ子状に配置した特異なデザインにより,反モダニズムの建築家として注目される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

毛綱毅曠 もづな-きこう

1941-2001 昭和後期-平成時代の建築家。
昭和16年11月14日生まれ。51年毛綱毅曠建築事務所をひらく。47年デビュー作品「反住器」で注目される。60年釧路市博物館・釧路市湿原展望資料館で建築学会賞。ポストモダニズムの旗手のひとり。平成13年9月2日死去。59歳。北海道出身。神戸大卒。著作に「記憶の建築」「建築の無限」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

毛綱毅曠
もづなきこう
(1941―2001)

建築家。北海道釧路市に生まれる。神戸大学工学部建築学科卒業(1965)後、同学科助手(1966~76)を務めながら毛綱モン太名で設計、建築雑誌などに執筆活動を始める。1971年(昭和46)神戸にアトリエを構える。76年東京に拠点を移し、毛綱毅曠建築事務所設立。95年(平成7)より多摩美術大学教授。
 デビュー作、反住器(1972)は毛綱の重要な作品である。ガラスを多用し、入れ子状の箱からできた住宅であり、毛綱の母によって住まわれた住居であるが、住居としての機能性を否定した器であることから「反住器」と命名された。作品としての反住器は同世代の建築家、例えば相田武文(たけふみ)の涅槃(ねはん)の家と共通したポエジー、つまり文学的なメタファーや形態的な操作を前面に出し、住居としての基本的な要素、すなわち居住性や解放感を否定するという偽悪的な身ぶりを示した。
 78年、同世代の建築家、六角鬼丈(ろっかくきじょう)、石山修武(おさむ)らと「婆娑羅(ばさら)グループ」を結成した。彼らは建築名称やスケッチに偽悪的な身ぶりを隠さず、その根拠を東洋思想、宇宙観、宗教観に求めた。70年代後半から80年代のポスト・モダニズムの建築潮流のなかでひときわ目立ったデザイン志向をもったグループである。毛綱による陰陽の間、鏡の間、間(あい)の間(いずれも1980)はみな住宅であるが、宗教的な主空間を中心にもうけ、上記のような思想を表現した。
 毛綱の代表的な作品は石川県能登島ガラス美術館(1991)である。ガラス工芸を興した小さなコミュニティの核となる美術館だが、毛綱はその立地を中国の古代思想「四神相応(しじんそうおう)」の風水で解釈した。つまり東方の流水(青龍)、西方の大道(白虎(びゃっこ))、南方の低地(朱雀(すざく))、北方の丘陵(玄武)の四神が護(まも)る地を建築化したのである。80年代の毛綱は小さな住宅を中心に独特な宇宙観の実空間化を模索し続けたが、この美術館の手法は大自然を控えた広大な敷地において十全に発揮できたのである。
 85年に釧路市立博物館(1984)、釧路市湿原展望資料館(1984)で日本建築学会賞を受賞する。多摩美術大学の環境デザイン学科主任教授として教鞭をとるなかで突然の死を迎えたのであるが、さらなる展開を作品に残すことはできなかった。2001年没。享年59歳。
 そのほかの主な作品としては、屈斜路(くっしゃろ)コタンアイヌ民俗資料館(1982、北海道弟子屈(てしかが)町)、釧路市立東中学校(1986)、釧路キャッスルホテル(1987)、釧路フィッシャーマンズワーフ(1989)、にしわき経緯度地球科学館(1993、兵庫県)、北海道釧路湖陵高校同窓会館(1997)、NTT DoCoMo釧路ビル(1998)、丸亀市立城乾(じょうけん)小学校(1999)、コンサートホールのある病院、ふくしま医院(2000、釧路市)、白糠(しらぬか)町立茶路(ちゃろ)小中学校(2002、北海道)などがある。[鈴木 明]
『『建築の無限』(1980・朝日出版社) ▽『都市の遺伝子』(1987・青土社) ▽『神聖空間縁起』(1989・住まいの図書館出版局) ▽毛綱毅曠・内藤正敏・栗本慎一郎ほか著『ソニァール毛綱毅曠対談集』(1992・TOTO出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

毛綱毅曠の関連キーワード藤原雄桂春蝶(2代)杉原高嶺鈴木ユリイカ高橋壮辻隆能島征二野崎貢柳田充弘劉蒼居

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

毛綱毅曠の関連情報