毫釐・毫厘(読み)ごうり

精選版 日本国語大辞典「毫釐・毫厘」の解説

ごう‐り ガウ‥【毫釐・毫厘】

〘名〙 (「毫」「釐」「」はともに細い毛の) ごくわずかなこと。ごうりん。
※玉造小町子壮衰書(10C後)「唯有畋猟、更無毫釐
※明六雑誌‐一五号(1874)政論・四〈津田真道〉「百官有司も亦方正廉直にして毫厘も私する所なきことを明かにするより善きはなし」 〔荀子‐儒効〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android